臨床研修のご案内

病院をご利用の方へ

  • 院長挨拶
  • 外来診療のご案内
  • 面会時間のご案内
  • 入院のご案内
  • 交通アクセスのご案内

医療関係者の方へ

  • 地域医療連携について
  • 臨床研修のご案内

トップページ » 臨床研修のご案内 » 後期研修について

後期研修について

岩手県立一戸病院精神科専門医等研修プログラム

 

Ⅰ.研修目的

  精神科後期研修は二年間の初期研修を終えた研修医を対象とする。専門医、指定医コースは将来の精神科専門医および精神保健指定医資格取得に向け精神科臨床全般のトレーニングを行う。精神科専門医は臨床経験5年で資格取得可能である。また精神保健指定医は精神保健福祉法に基づく医療保護入院や措置入院などの強制入院を行う際に必要な資格であり、これも精神科臨床経験3年で資格取得可能である。

 

GIO:精神科医として精神保健福祉法に基づき、精神科臨床全般にわたって診療できる。

 

SBO:

 1)精神医学的な問診をし、症状を把握し、カルテに記載できる。

 2)診断を的確に行うことができる。

 3)薬物療法を的確に行える。

 4)精神療法の種類を修得し、行うことができる。

 5)患者の状況に応じて、作業療法、地域支援体制、などを的確に組み合わせ利用できる。

 6)精神保健福祉法に習熟し運用を的確に行える。

 7)行動制限を的確に行える。

 

 

 

 1.研修週間予定

 

午 前

午 後

脳波判読、外来診療

外来診療

病棟診療

病棟診療

外来診療

病棟診療、アルコールミーティング

病棟診療

診療応援(他県立病院外来診療)

地域精神保健活動

病棟診療

 

 

Ⅱ.研修内容

  指導医の指導のもと、あらゆる病態、病名の患者を受け持ち、症状の把握、診断、治療、処遇ができるようになる。薬物療法においては、抗不安薬、抗精神病薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、睡眠誘導剤のそれぞれの特徴、副作用を理解し使用できるようになる。精神療法においては、その種類、方法を理解し、実施できるようにする。強制入院や行動制限においては精神保健福祉法を理解し適切に行えるようになる。地域精神保健活動やチーム医療の実際を修得する。

  精神科医として研鑽を積み、初期研修医の指導や精神科関連学会にも積極的に参加し、学会発表、論文執筆も積極的に行う。精神科専門医、精神保健指定医の資格取得に向け勉学に励む。

 

 

Ⅲ.学会、資格関係

 1)日本精神神経学会へは、精神科を専門にしようとした時点で早めに入会すること。

 2)5年の精神科臨床経験で精神科専門医の資格取得可能である。

 3)3年の精神科臨床経験で精神保健指定医の資格取得可能である。

 

 

Ⅳ.指導責任者:小井田 潤一

  研修指導医:地土井 健太郎

上に戻る