部門のご案内

病院をご利用の方へ

  • 院長挨拶
  • 外来診療のご案内
  • 面会時間のご案内
  • 入院のご案内
  • 交通アクセスのご案内

医療関係者の方へ

  • 地域医療連携について
  • 臨床研修のご案内

トップページ » 各部門のご紹介 » 薬剤科

薬剤科

薬剤科へようこそ

薬剤科には薬剤師が6名、薬剤助手1名が勤務しています。(平成28年4月現在)

 

薬剤科の主な業務

・調剤

医師から処方された処方せんに基づき、入院・外来患者さんのお薬を調剤しています。処方せんの内容について、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、疑問があれば医師に疑義照会し、適正な処方内容であることを確認した上で調剤を行います。必要に応じ、一包化(1回の服用量をひとまとめにする)としたり、錠剤を砕いて散剤に調剤したりと、患者さん一人一人に適した形で調剤しています。

 

・注射薬調剤

医師から処方された注射処方せんに基づき、患者さん個人ごとの注射薬の取り揃えを行っています。その際、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行います。注射薬の中には混合すると濁ったり薬の効力が落ちたりすることもありますので、これも事前にチェックします。

 

・服薬指導

患者さんがお薬を正しく使うことができるようにお薬の効能効果、注意点などを説明します。入院患者さんには、患者さんのベッドサイドに直接伺い、薬歴・副作用歴に基づき説明しています。

また、「糖尿病教室」、精神科の「心理教育」、「家族教室」において、薬剤師によるお薬の説明を行っています。

 

・製剤

市販されていない薬品が治療・診断・検査などで必要な場合には、病院独自で調製しています。

 

・IVH無菌調製業務

食事を摂れない患者さんに処方される高カロリー輸液を、無菌的に調製しています。

 

・医薬品情報提供

医薬品に関する最新の情報を収集し、院内のスタッフや患者さんに情報提供しています。

 

・医薬品管理

医薬品の各部署への供給が過不足なくできるように、日々適正な医薬品購入・品質管理を行っています。

 

・チーム医療

NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染制御チーム)など院内のチーム活動に参画しています。他の医療スタッフと協力、連携することにより、安心安全の薬物療法が提供できるように常に努力しています。

 

院外処方について

当院では厚生労働省指導による医薬分業の促進を図るため、外来処方は原則として院外処方せんとしております。薬剤科の院外処方せん受け渡し窓口にて、「院外処方せん引換券」と院外処方せんを交換します。院外保険薬局に院外処方せんをお持ちになって、お薬をお受け取りください。特に医師の指示がある場合を除き、院外処方箋の使用期間は発行日を含めて4日間となっていますのでご注意ください。

 

お薬手帳について

院外の調剤薬局で処方を受け取られる時、外来で診察を受けられる時、入院の必要がある時必ず持参し薬歴を残していきましょう。薬局や病院ごとにお薬手帳を分けるのではなく、同じものを使用してください。お薬手帳は現在どんなお薬を使用しているかを確認でき、お薬の重複や飲み合わせをチェックすることが出来ます。

 

各種認定状況(平成28年4月現在)

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師  5名

日本病院薬剤師会生涯認定薬剤師     5名

認定実務実習指導薬剤師         3名

 

実績(平成27年度)

入院処方箋枚数   19,780枚

外来処方箋枚数     3,037枚

院外処方箋枚数   50,539枚

院外処方箋発行率  94.33%

薬剤管理指導件数  1,365件

 

上に戻る