部門のご案内

病院をご利用の方へ

  • 院長挨拶
  • 外来診療のご案内
  • 面会時間のご案内
  • 入院のご案内
  • 交通アクセスのご案内

医療関係者の方へ

  • 地域医療連携について
  • 臨床研修のご案内

トップページ » 各部門のご紹介 » 看護科

看護科

看護科紹介

やさしさとおもいやりの看護

 

安全な質の高い看護

 

看護科の基本方針

  1. 私たちは、患者一人ひとりの人権を尊重し、信頼され安心できる看護を提供できるよう努力します。
  2. 私たちは、患者個々に応じた日常生活または社会生活を営むことが出来るよう家族の協力を得ながら自立に向けて支援します。
  3. 私たちは、専門職として時代の変化に対応した看護実践が出来るよう自己研鑚に努めます
  4. 私たちは、一人ひとりが持てる力を発揮し、看護の面白さを語りあえる職場風土の醸成を図ります。
  5. 私たちは、病職員として、経営感覚を身につけ効率的業務の実践に努めます。
  6. 私たちは、看護を通して地域社会に貢献します。
 
 

総看護師長からのメッセージ

-豊かな感性をもち、知性あふれ、広くやさしい心で看護をします-

   岩手県立一戸病院看護科は、病院の理念・基本方針の下、看護科理念「やさしさと

おもいやりの看護 安全な質の高い看護」の提供をめざしています。

  外来・病棟・在宅訪問の看護を通して地域の皆様が地域での生活を安心して過ごせる

  ように、取り組んでいます。また、看護師へ気軽に相談していただけるように、外来に

 「生活支援相談窓口」を設置しています。

 看護科では、患者さん・ご家族の皆様に信頼していただけるよう、人間的成長と看護

の能力向上に努め、自己成長できるような職場環境づくりに努めています。

 

                                                                               総看護師長  稲見 敬子

 

一戸病院看護科キャリア開発指針

1. 一戸病院が求める看護職員像

1)    一戸病院が求める看護職像

(1)  臨床能力項目

①看護実践能力

・常に患者の尊重を最優先に倫理的視点で意思決定し看護が提供できる。

・理論に裏づけされた確実な知識・技術を統合し、個々の患者や家族の状況に応じた安全で適切な看護サービスが提供できる。

・患者や家族の持っている能力や想いを引き出し、患者・家族が安心できる看護サービスが提供できる。

・緊急事態や災害等において、迅速かつ的確な対応ができる。

②管理能力(役割・責任)

・的確な状況判断を行い、計画的に行動を起こすことが出来る。

・目標を達成するためにPDCAサイクルを実践し、業務に活かすことができる。

・業務の優先順位を判断して効率的に業務を行うことができる。

・チーム医療の中で、看護師に求められる役割と責任を発揮するために、タイムリーに

リーダーシップを執り、他職種や他部門と柔軟に調整を図ることができる。

③人間関係能力

・常に相手を尊重する姿勢で受け止め、自分の考えを率直に伝え、相互理解を深めることができる。

・社会人としての常識ある行動がとれる。

④教育・研究能力

・社会変化に対応できるように自己開発に努め、人間的成長を図ることができる。

・看護の質を向上させるために看護実践に結びついた研究ができる。

・現任教育や学生指導に携わり、研修企画や運営及び評価を行うことができる。

(2)臨床能力段階

  ①新人:担当看護師としての能力を身に付ける

      基本的な知識・技術・態度を習得し、正確で安全な看護実践ができる

  ②ステップ1:担当看護師として受け持ち看護師を目指す

      受け持ち患者の個別性を踏まえた問題解決ができ適切な看護実践ができる

  ③ステップ2:受け持ち看護師として自立し、役割モデルを目指す(一人前の看護師)

      受け持ち患者以外の看護計画に対しても積極的な関わりができる

      チームリーダーの役割を発揮し、後輩や学生に指導的役割を取ることができる

  ④ステップ3:部署において、看護の立場でリーダーシップを発揮できる

      部署において円滑な業務が遂行できるよう、役割をとることができる

      キャリア開発において方向性を持つことができる

  ⑤ステップ4:医療チームにおいて、看護の立場でリーダーシップを発揮できる

      医療チームメンバーの中で調整的役割をとることができる

      部署の業務に精通し、ケア管理においてメンバーに指導・支援できる

 

 

2)臨床看護実践能力指標(クリニカルラダー)の活用について

個々の臨床看護実践能力開発のために、医療局の基本研修、地区別研修、院内教育、看護協会の研修等を活用するとともに、各委員会、各看護単位等で支援し、個人の到達目標が達成できるように活用する。

(1)ステップ2までを「基礎研修」と位置づける。

(2)新卒採用者はステップ2まで段階を踏んでステップアップしていく。

(3)既卒新人採用者は自己評価・他者評価でラダーを選択し、ステップアップしていく。

(4)ラダーをステップアップしていく時は自己評価・他者評価で段階を積み重ねていく。

 

 3)看護科職員育成の実際

    (1) 研修委員会

①    クリニカルラダーの目標達成を支援する院内研修の企画・実施・評価

②    管理研修は目標管理による研修とする

③    オリエンテーションの実施(新人、転入者、中途採用者)

④    看護補助者研修の企画・実施・評価

⑤    全体研修(トピックス)の企画・実施・評価

    (2)クリニカルラダーの該当者について

①    新人、ステップ1、ステップ2は全員対象

②    ステップ3、ステップ4は選択者を対象

③    転入者、中途採用者はクリニカルラダーの評価を行い、院内研修を選択。ただし、安全な

業務に関することを優先する 

④    看護師長・看護師長補佐・主任看護師研修は管理研修とする

    (3)各看護単位 《目標管理・人事考課による人材育成》

   ①育成面接1(目標面接)

   ・年度初めに医療局育成面接シートとクリニカルラダー評価表を用いて面接を実施し、

    個人の目標とクリニカルラダーの到達目標、部署目標を踏まえ、自らの目標を明確にする

   ・自分の目標到達のため行動計画をたてる

   ・面接者は実行できるように支援する

   ②育成面接2(中間面接)

   ・医療局育成面接シート・人事考課シートにて面接を実施し、目標の進捗状況の確認をする

   ・計画の継続・中止・変更など本人が決定できるよう支援する

   ・人事考課は自己評価に基づき、考課者が十分に話し合い評定する

   ③育成面接3(年間評価)

   ・育成面接シート・クリニカルラダー評価表を用いて面接する

   ・目標の達成状況、成長できた点の評価により、次へのステップアップにつなげる

   ・人事考課最終評定をする

・クリニカルラダーの最終評価をする

    

   *看護補助者についてはクリニカルラダー評価表と目標シートを使用し評価する

上に戻る